おっちゃんそれは断りのポーズだぜ 2004/03/19

本日は夜中作業の日。
現場立会いに行く。
深夜0時、現場に向かう最中ガソリンスタンドに寄った。

ココは、以前にも夜中に立ち寄ったことがある。
えらい愛想のいいおっちゃんが接客している。真夜中なので
一人でこなしているようだ。
その時に灰皿を清掃してもらったんですが、灰皿を渡す時に
プラスチックのパーツが着いたままになったらしく戻ってきた
時には灰皿がガタついてしまう。
でも、気がついたのはそれから2日ぐらいたっての事で、
あきらめていた。

それから、1週間たった今日にそれとなく聞いてみた。

「前回来た時にプラスチックのパーツをつけたまま出しちゃったん
だけど残ってない?」

「いや?...」

ニコニコしていて、おじさん相変わらず愛想がいい。
そりゃそうだろう。残っているはずはないと思う。

「その時私が対応しました?」ニコニコ

「うん。僕の不注意で灰皿につけたまんまになってたみたいで、
もしかしてあったらな?なんて思って」

「いや?そうですか。すみません気がつかなくて」ニコニコ

「いやいや、僕の方が悪かったんですから。もしかして残って
いたらと思っただけですから」

「いや?すみませ?ん」ニコニコ

そんなやり取りをしていると支払いを済ませ車を出そうとすると
おっちゃんが呼び止める。

「お詫びと言ってはなんですが、これ貰ってください」

手には箱ティッシュの束が...。

「そんなことして貰わなくてもいいですよ。もしかしてあったらと
思っただけですから♪」

結局、箱ティッシュの束を手に現場へ向かった。

______________________

このおじさん、現場の判断がいい。
あきらかにガソリンスタンド側のミスではないのにすぐに謝り、
粗品を持って対応している。

んで、肝心なのが謝る事で相手の意図をはぐらかしている。
これは、心理的に謝る事は相手の意見をブロックする行為
なんだそうである。

そんなの普通意図しておこなわんだろう。おじさんの処世術
なのかな?

おじさん、顧客を一人捕まえた>俺

看板の過去日記

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる