今春は出店ラッシュが予想される 2004/01/22

最近、新規出店の案件が舞い込む
仲間内でも出店計画から看板の計画に携わるところは
急がしそうである。
聞くところによると、昨年よりは早い段階で案件の量も
多いそうである。

経済活動が少しは動いてきたのかな?
しかし、そのほとんどが飲食関係が多い。
流行と言えばはやりだが、ベンチャー関連のニュースを
聞いてもIT以外は飲食が多いような気がする。

中小の多くは出店にさいして広告にあまり関心がない。
あってもチラシやタウン誌などがそのほとんどだ。

いくら集客しても、お店を見つけられないと逃す。
二度目はないと思った方がいい。

上手なのは、設計士や工務店に工事を依頼する時に
看板部分だけ切り離すか、
看板などの集客も考えてくれる設計士がいいと思う。

しかしながら、設計士も工務店も、看板屋も集客について
あまり深く考えない。

まずはカッコいいか?その次はクライアントが気に入るか?
クライアントが気に入らないと「素人はこらだからダメだ」
なんて事を言う輩もいる。

私の場合はお客さんが入ってくれるか?
その次にお客さんが気に入るか?
その次にクライアントが気に入るか?の順番である。
お店に新規のお客さんが来なければ商売が続かないのである。

私にしてみれば、お金の出所であるクライアントが
気に入るようにすればいいのだが、そんなの一時的にしか
過ぎない。

本当に気に入るのは数年立った時に「儲かる」と実感した時に
満足したことになるんだと思う。
看板は商売のサポート役にしか過ぎないが、誇りを持って本物を提供していきたい。

で、話を戻すと、今時期に出店計画から看板屋に案件が
舞い込むということはクライアントが看板を重要視して
いるってことだ。そんな人が増えて嬉しい。

看板の過去日記

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる