「商売繁盛のお手伝い」看板・広告などのツールを、北の大地 北海道札幌市から情報発信
  OCHISTUDIO.INC
AD1の看板de商売繁盛
お問い合わせ

TEL 011-750-0055
お問い合わせメール
 ★更新のお知らせ★
トップ コラム 看板事例 会社概要 メール
看板de商売繁盛
コンテンツ
マーケティングコラム
商売繁盛 看板設置例
ギャラリー
KAZの日記
『儲かる社長は看板を磨く』メールマガジン
AD1の看板de商売繁盛
お問い合わせ

 AD1の看板de商売繁盛
 このホームページは
 有限会社オチスタジオに
 よって運営されております。


会社案内

 ボタンクリックでAD1の
 看板de商売繁盛を
 お気に入りに追加!



スタッフBLOG

■準備中(近日公開予定)


■ちくじんツインタワー
 


 







■過去の日記
  2004/12の日記
  2004/07〜2004/11の日記
  2004/01〜2004/03の日記
  2003/10〜2003/12の日記
  2003/05〜2003/09の日記



2004/4〜2004/6の日記



大阪人情に出会う出張だった 15日〜17日の2
                       06月20日(日)

〜続き〜

【17日=3日目】

近くのお寺を見に行こうと思っていたが忘れてた。
惰眠をむさぼる。

ホテルをチェックアウトして、ブラブラと大阪の町を散策しながら待ち合わせ場所へ向かう。
地下鉄から、待ち合わせ場所まで遠回りする...って迷っているだけ。

今日はクロネコととさんとお会いする。
http://plaza.rakuten.co.jp/aftercinema/
待ち合わせ場所はわかりやすい所を選んでもらった。
しかも、帰りのことも考えて、空港バスの停留所も近い。

クロネコととさんは、この書き込みをしているテーマを造った人。
とてもバイタリティーがあり行動力もある。見習わなきゃ。

最初にクロネコととさんを知った日記 
http://plaza.rakuten.co.jp/aftercinema/ 女子力向上委員会

カラオケ店を利用したシネマボックス事業
http://www.cinebo.com/  シネマボックス

がんばろうカラオケ業界!
http://karaoke.web.infoseek.co.jp/ カラオケ店お助けWEB

能動的に働く人の異業種交流会。企画・販促・コピーライティングなら
http://www.kikaku-ya.net/ 企画屋ネット

成功報酬式プレスリリース
http://www.kikaku-ya.net/pre/ 企画屋ネットのサービスの一つ

起業家向け?のプログ 
http://www.doblog.com/weblog/myblog/2960 へっぽこ起業家の非常なる日常

販促の事なら必見!プログ
http://toto.cocolog-nifty.com/hansoku/  くろねこ@販促・宣伝教室

映画批評?結構辛口です(^^;
http://blog.livedoor.jp/aftercinema/  地雷映画を回避せよ!

元進学塾の校長先生として、教育問題について書いてるプログ
http://toto.cocolog-nifty.com/  くろねこ@国語塾

ええもん、探してきまっせ
http://www.nekonote-syouji.com/ 猫の手商事


どわぁ!紹介するのに疲れる。
どんなけサイトがあるんかい!つーぐらいサイト運営しています。

将来的には方向性が決まっていて、そちらに焦点を絞るそうです。
クロネコととさんとは、お仕事の話をさせていただきました。

ん〜。バイタリティーある方だな。
石垣島から帰ってすぐだったので、楽しい旅の余韻から一気に現実に引き戻したみたいですみませんm(_ _)m

ぜひ、来年には講師として北海道に来て欲しいと確信した。
それまでに、ステージを用意できるのか>俺

クロネコととさんと話し始めて2時間。
時間が経つのを忘れてました。
お昼時なのに、食事も誘わずすみません。

すぐさま、バスで伊丹空港へ。
子供へのお土産を買って帰路に着く。

千歳から、そのままJCの会議へ参加。
疲れる。

途中で退席させていただき、帰路に着く。


今回、大阪の皆さんには本当にお世話になった。
正直言って、ほとんどが初対面か数度の方ばかり。
にもかかわらず、よくしてくれたのは大阪人情なのかなって思う。

とっても楽しい旅でした。
ありがとうございます。


======================

 〔本日の男子力〕

・女性と会うのでヒゲをちゃんとそる。+30点
・惰眠をむさぼる。−40点
・やっぱ、梅田の地下街で迷う。−10点
・ズボンプレッサーをかけといた。ビシッとしている。+30点
・妻と子供にお土産を買う。+20点

 〔合計〕+30点 初めてで、チト点数甘いかな。

=======================

シャレです。
本物は クロネコとと さんの女子力向上委員会を見てね
http://plaza.rakuten.co.jp/aftercinema/




大阪人情に出会う出張だった 15日〜17日の1
                       06月19日

【15日=1日目】
前日の夜更かしが響き朝のんびりと起きる。

「飛行機、間に合わんぞ!」の妻の声に
「送ってって」と言うと、渋々ながら送ってもらうことに。

車に乗り込むと、高速の話をする私に妻は「?」
私は千歳空港まで送ってもらうつもりだったのに対し、妻は近くの駅までとしか思っていなかったみたい。

「高速を一人で運転できない(怒」と言う妻をなだめすかし、出発。
高速に乗る頃、気がついた。

「携帯忘れた」

どないすんねんっと、関西弁に近い妻の怒り!

「レンタル借りるか、プリペイドでも買うわ」

しかし、千歳空港にレンタルは1件、飛び込みなんで利用料が高い。あきらめる。

プリペイド携帯は売っていない。
コレで、吹っ切れた。携帯無くとも、何とかなるわ。

千歳空港では、知人に出会う。
同じ便で伊丹に向かうと言う。
新規事業のセミナーに参加するらしい。
内容を聞くと、セミナーから高い会員への誘導パターンに聞こえる。チト心配。ま、しっかりした人なんで大丈夫だろう。

伊丹に着くと、即バスで移動。
感動マーケッターさん
http://plaza.rakuten.co.jp/humansupport/
に会いに行く

バスを降りると、方向がわからん!
札幌は、ほぼ東西南北がわかればどこへでも行けるが、斜めの道が多い大阪では今自分がどこを向いているのかわからん。

バスを降りた所に案内図があるので確認。
「今ココか、こっちだな」
っと歩き始めるが、なんか様子が変。ラブホテル街のようだ。
しっかり間違った。

俺もよく現在地を
  ●
 現在地
と表示するが、あれは良くない事に気がついた。
自分で使ってみてはじめてわかる。
  _
  ▲
 現在地
でなければ、自分が今いる方角がわからないのだ。

感動マーケッターさんへは、遅れて到着m(__)m

普段、コンサルタントとして活躍され、お忙しい中お時間を頂戴した。
コンサルティングの事、クライアントの業績アップの事、自社の方向性などたくさんお話しいただき、多くの気づきがあった。多謝。

コンサルティングが本業だが、どちらかと言うとコーチングのような感じがする。話していて、時間を忘れてしまうほど、中身の濃い話だった。
これ以上お邪魔できんと思い、後ろ髪惹かれる思いでおいとまする。

なんばから電車を乗り継ぎサインサービス宮地さんへ。

駅に着くと
銘板屋さんの大同銘工森口さん
http://www.meiban.co.jp/ ←こだわりの職人が感じられる
デキシーの中島さん
http://www.e-dixie.net/ ←会社サイト
http://www.harikiri.net/ ←ステッカー通販サイト

の両名に迎えに来ていただく。
森口さんは、ネットでしかお会いしていなかったんですが、初めてお会いする感じじゃない。
今まで、散々メールのやり取りしていたからかも?

サインサービスさんは、面白い。看板屋さんはほとんどの会社が大雑把。
機材のランニングコストも大体でしか把握していない。
しかし、サインサービスさんはインク1ccあたり○○円とか、メチャ細かく把握し、見積に反映させる。
看板屋が集まるサイトでも、一目置かれる存在。
翌日には、韓国?中国への出張を控え、当日の夜には会合があるにもかかわらず、出迎えていただき大変感謝している。
会社入り口は印刷屋さんのようで、会社内はどでかい機械が立ち並んでいる。
2Fの片隅には、PC関連の空き箱が山のように積み上げられ、収納ラックに納まりきれない。
PC屋のストック?と思わせる様。

あんた何屋?と思わせる会社でした。

サインサービスさんを後にして、
造型看板のポップ工芸さんへお邪魔。
http://www.zoukeikanban.com/

立体看板を製作している。大阪の人ならすぐにわかる戎橋のたこや道頓堀にあるラーメン屋の緑の龍を製作したところ。今は国体のマスコットを製作していた。

正直言いまして、工場は狭い!メチャクチャ狭い。ここでどうやって大きな物を製作するのか?と言うぐらい狭い。
しかし、社長の中村さんは心が広い。私の質問に気兼ねなく何でも答えてくれる。
多謝。

ポップ工芸さんを後にして、大同銘工さんのエッチング工場へ移動。
http://www.meiban.co.jp/ 

ココも正直狭い。しかし、相違と工夫の会社。狭いながらも仕事をしやすいように工夫している。
職人のこだわり満載の話に驚愕する。
森口さんには面白い技術がたくさんある。
もっと表現が上手く行けば、かなり面白い独自製品が多くできるだろう。
特に、友人にしかやっていないサービスがある。
言いたいけど、ココでは書けない。
それなんかは、普通の人でも欲しくなるに違いない。

だって、俺でも喜ぶもん。

エッチング工場を後にして、大同銘工さんの本社へ移動。
可愛い奥さんとご対面。笑顔が素敵な人だ。
お菓子ご馳走様。

ココにもいいモン発見!
コレをアピールすればイイジャン!とデキシーさんと話し合う。


一日運転手m(_ _)mをしていただいたデキシーの中島さんのトコへ移動。
デキシーさん
http://www.e-dixie.net/ ←会社サイト
http://www.harikiri.net/ ←ステッカー通販サイト

こちらも狭い!。良くこんな狭い所で仕事をしているなと感心。
っても、オチスタジオも狭い(^^;

ホテルに戻って、看板仲間の
株式会社アート・プランニング 前田さんと落ち合う。
と〜〜っても人情家の前田社長。

なんばぱーくすで食事。その後、ホテルに戻ってバーで飲む。

あはは、前田さん話し好き。止まらない。

部屋に帰って届いていたFAXに返信。メールの返信。
疲れた。寝る。

今日は人様の会社の電話を借用したり、森口さんと中島さんに添乗員&運転手&緊急連絡先になっていただき、大変感謝している。

2人がいなかったら、こんなに見て周れないだろうと思う。
「あ・そ・ぼ!」メールを流したのが数日前だったので、仕事があるにもかかわらず、お付き合いしていただきありがたく思う。

そうそう。泊まったホテルは、ホテル リーヴァ南海。
なんばから2分、御堂筋の道頓堀からすぐ近く。近くには有名なグリコの看板などなど観光に最適なホテル。しかし今回は観光なし(泣;
リーズナブルで対応もよく、快適なホテルでした。
ツイてる事に、ホテル側の都合でダブルベッドのルーム。
一人では広すぎ。隣に彼女が欲しいぐらい←妻が見ていませんように(祈

チト笑顔が少ないのが難点なホテルでした。


【16日=2日目】

朝から前田さんと待ち合わせして、O's南館で行われる看板関係の資機材展示会へ向かう。
会場は、看板関係の展示会としては大きな方。
出店社は相変わらず、大型インクジェットとLEDが目に付く。

ん〜〜、それなり。目新しい物は発見できなかった。
会場では、前田さんと行動していたが、
前田さん引っかかりすぎ(^^;

声をかけられると、素直に立ち止まってしまう。
セールスのキャッチに聞き込んでいる様子。
俺がスタスタと歩いてしまうので、途中で分かれる。

会場内では、全国の看板屋さんと挨拶。
やはり、ココは大阪。関西以南の方が多い。

お昼の待ち合わせ時間の前に、浜松の看板屋さん
コスモ・アートさん小澤社長とバッタリ。
http://www.cosmo-art.co.jp/
営業の岡部さんと名刺交換。
経験は少ないがバリバリと仕事をこなす優秀な社員だそうです。
コスモ・アートさんは、看板屋さんには珍しく、ショップ形式をとっていて、一般の方にも入りやすい看板屋です。
コスモ・アートさんのお世話で、重いカタログの発送を手配していただく。
多謝。

お世話になったのは
資材メーカーのビックテクノスさん西谷さん。
http://www.vigteqnos.co.jp

荷物着きました。多謝。

午後からは、看板屋の勉強会であるミスターサインネットワーク セミナーに参加。
面白い部分と、すこし野暮ったいなと感じる部分があった。
各社の取り組みは興味を持って聞けた。

この会場も全国の看板屋さんが集まる。
哀しい事に、北海道からは2社
我社と、函館の野口工芸社さん
http://www.noguchikougeisya.co.jp/
野口社長も人情家。
浜言葉バリバリの、とっても気さくな看板屋さんです。

■名刺交換した人
金星堂の小笠原さん 丹羽さん 遠山さん
http://www.kinseido.co.jp
三重県桑名市の看板屋さん。
社長は、バリバリのキャリアウーマン?
明るい社長です。

舞鶴市の看板屋さんタケダ工芸の竹田さん


会場を後にして、
岡崎市の看板屋さん飯田看板の飯田社長
http://www.iida-kanbanten.com/
で、でかい。相変わらず体が大きい人。
体もでかいが心もでかい。
いつも気持ちが優しい飯田さん。
お世話になってます。

サインズ・コーナンの片平さん
http://www.signskonan.co.jp/
元、商社マン?だったかな?メーカーさんだったか、営業手法については面白いお話しを頂いた。

の両名とお茶。
片平さんのお話しに耳がダンボ。
すっごい看板屋さんだなと思う。


会場を後にして、一人でITM館の商売繁盛館?へ向かう。
...休み。休館日とは...そこまで調べておらんかった。

携帯が無いので、公衆電話を探す。
ひえ〜〜。無い。ほとんど無い。

公衆電話で一仕事。

昨日、ご一緒していただいた、森口さんが発起人メンバーで、中島さんも入っている
看板仕事人
http://www.e-shigotonin.net/
のオフ会へ参加。

看板仕事人は、関西の看板屋さんが集まっているサイト。関西の看板関係者は是非登録を!
こんなサイト、北海道でもやりたい。

WEB上のやり取りだけではなく、アナログでのやり取りも活発のようだ。

お邪魔させていただくと、プチオフと聞いていたんで、10名程度かなと思いきや、25名も居たそうで、大盛況。
パワーを感じるオフ会でした。
■名刺交換した人
もりかんの中川さん 床屋やで〜って言ってた。24時間365日対応の看板屋さん(^^;
http://www.mori-kan.com/
OZAKIの尾崎さん    大阪の看板屋さん
ムラシマの村島さん   奈良の看板屋さん
シティアートの西村さん 奈良の看板屋さん
http://www1.kcn.ne.jp/~cityart/
ナニワの刀祢さん 大阪のテント屋さん。
ツルミスペースの内海さん 大阪鶴見区の看板屋さん
http://homepage2.nifty.com/turumispace/index.html
ネオ・サイン の藤澤さん  看板の通信販売が充実しています。
http://www.neosign.jp/
@アットサインの野中さん 看板屋さんとは思えないような、PCに精通している。
http://www.web-sign.net/   ←本体
http://blog.melma.com/00114865/ ←プログ


オフ会後、二次会へ移動。
途中、ポロポロとメンバーが減っていく(^^;
どこの電車に乗っているのかわかんなくなってきた。

森口さん電車の中に忘れ物しすぎ(^^;
森口さんが立ち上がると必ずバッグが落ちている。

看板屋のWEB利用について意見を頂く。
みんなよく考えているなと関心。

遅くまでお付き合いいただきありがとうございます。

ホテルに帰って、ポチポチと見積&メール。
夜食を買いにホテルの下のコンビニ?へ
胡散臭い若者が買い物していた。
え〜、どのような表現がいいのか迷うような店である。
夜遅くに食うからこんな腹になるのだ。
少なめに買っておこう。←買わなきゃいいのに(^^;

テレビを見ながら寝てしまう。

〜続きは20日の日記に書く〜





オークションからの集客術勉強会を開く
                       06月18日(金)

今日は、ちくじん@札幌の例会。
大阪出張の事は19日に書きます。

異業種交流会をしていると、色んな人に出会うモンでして、今回は友人にネット集客術の一環で、オークションからの集客について講師になってもらいました。

正直言って、友人がココまで話してもらえるとは思っていなかった。
参加した人は大変満足したと感想を頂く。
前回の「看板」より良かったとも感想を頂いた(泣;


今回の勉強会は、実際にオークションを利用した集客で実利を上げた生の話なので、自社でどのようにも応用が利く。
それぞれ持ち帰って、即実行してもらいたい。

この勉強会は、参加費1,000円+懇親会4,000円に設定した。
失敗したかな?

東京などのセミナーでは、同じ内容で、
25,000円+交通宿泊費50,000
なんて金額を私はかけている。
実に、1/15で情報を得た事になる。

来月は、ホームページについて行おうと思う。





大阪3日目 クロネコとと さんとお会いする 06月17日(木)

大阪3日目。
気温になれた。あまり暑くはない。空梅雨のようだ。

今日は、クロネコとと さんとお会いする。
 http://plaza.rakuten.co.jp/aftercinema/ 
「ビジネス・起業に関すること。」
のテーマを立ち上げた人だ。
忙しい中、お時間を頂いた。

詳しくは、19〜20日の日記に書く。





大阪2日目 看板関係の展示会 06月16日(水)

2日目。
足が痛い。
普段、車ばかり乗っている自分を認識する。

今日は、大阪サインエキスポに行く。
看板屋の資材・機材関係の展示会だ。
その後
ミスターサインセミナー
看板仕事人オフ会に飛び入り

詳しくは19日の日記に書く





追記:感動マーケッターさんと合う。しまったあぁぁぁぁ
                      06月15日(火)

携帯忘れた。
普段、わずらわしいばかりの携帯だが、ないと不便である。
改めて、便利さに気づく。

仕事も同じではないだろうか?
面倒だな、わずらわしいなと言う仕事がなくなってみると、意外に売上比率が高かったりしていないだろうか?

売上構成比率表を作成して確認する事をお勧めする。

今日、大阪に着いた。これから3日間の出張。

大阪に来て感動マーケッターの田畑さんとお会いした。
http://plaza.rakuten.co.jp/humansupport/

その後、看板屋さん関係の方の会社にお邪魔する。
銘板屋さんの森口@大同銘工 株式会社
ステッカーのデキシーさん
FRP・造型看板のポップ工芸さん
大判出力が得意なサインサービスさん
その後、
長野県松本市の大型看板が得意な
アート・プランニング前田さん
と合流。

今日は、気づきがたくさんあった。
詳しくは19日の日記に書く






コンサルティングを受けて儲かる人、儲からない人
                       06月08日(火)

弊社では、コンサルティングをやりますとは表立って
言っていない。

どうしても、看板の制作業務があるので、コンサルを期待して
相談される事が多いからだ。

その場合、製作があるからコンサルティングはチャラにして
欲しいとは言わないが顔に書いてある。

製作業務の場合の企画とコンサルティングの場合では出す
情報量もおのずと違ってくる。コンサルティングフィーを頂く
からにはただの情報と格差をつけなけりゃあ申し訳ない。

気が向けば無料相談もするが、ほとんどの人は聞き流すだけ。
その場では感心するが、実行しないのだ。

ま、そんなもん。

お金を払う人は、例え1万円の支払いでも吸収しようとする姿勢が
見える。実行するしね。

思わぬ効果があるときも多い。
しまった!もうチョッと頂くべきだったなんて思うこともある。


本を読んで、実行する人は100人に一人と言うが、実感では
500人に一人ではないだろうか?





新規事業の構想を練る       06月06日(日)

昨日のプレゼン内容を練る。
人に話したり、企画書・サマリーを仕上げる。

何でこんなにも、調子がいいときは進むのだろう?
現実に向かって進行する様子が手に取れるように
わかるのはワクワクする。

このワクワク感が大切なんだな。





新規事業の構想を練る       06月06日(日)

昨日のプレゼン内容を練る。
人に話したり、企画書・サマリーを仕上げる。

何でこんなにも、調子がいいときは進むのだろう?
現実に向かって進行する様子が手に取れるように
わかるのはワクワクする。

このワクワク感が大切なんだな。





新規事業の構想         06月05日(土)

先日来考えていた新規事業をプレゼンする。
ほぼOKの同意を得た。

その他にも、協力していただきたい人にプレゼンすると、
面白い展開になってきた。

こんなことできる?

面白いねー
簡単だよ!

そんなに簡単だったのか!
ま、開発に時間がかかるのと、ランニングをもう少し煮詰
めなくてはいけない。

プレゼンをしている最中にも、次から次へとアイディアが沸く。
どうなってんの?>俺

先が急速に見えてくると嬉しい。その反面焦る気持ちが
沸々と湧く。

もう少し、メンバー確保が必要だ。





助成総額100万円 まちづくり活動助成金PRで
記者会見に行った
            06月03日(木)

いま私が入っているJCで、助成金事業を行っている。
札幌市でまちづくり活動を行っている団体へ助成総額
100万円を助成しようとの活動だ。
 http://sapporo-jc.or.jp/

まだ、募集が始まったばかりなのに応募が届いた。

今日は記者クラブでの記者会見を開いていただいた。
よっぽどのニュースが無い限り記事になると思う。

仕事がらみで記者会見したいもんだ。


一通り資料を揃えていったが、やはり記者の方々は
質問がうまい。
読者が分からなさそうな所を質問してくる。

あくまでも読者の視点に立って取材している。
これは、資料や販促物、看板にも言えることだ。
人に伝える努力は惜しんではいけない。

営業でも同じなんだろうなと思う。
自社や商品の良さが伝わらなければ買ってはもらえ
ないのだ。
伝える為にも、お客さんの問題点を炙り出す為に、
聞き出さなければならない。

聞く力を養わなければならないな。





今日の新聞から親心         06月02日(水)

今日の新聞の一面小学生の女児が亡くなった記事を
見て複雑な気持ちになった。

私も小学生の女児を持つ親として、他人事ではない。
昨晩も、うちの子はチョロチョロするので、連れ去りや
イタズラに対してどの様に子供に教えるのかを妻と話し
ていたところだ。

妻は子供に教えるのがうまい。脱帽する。

でも、この事件では子供にどう教えたらよいのかわから
ない。
気をつけるにしても...
今までは対悪者と言う定義があったが、対お友達では
どの様に教えたらよいのだろう?

複雑な気持ちになる。





お客さんの感情とのマッチング    06月01日(火)

お客さんの「今どう思うのか?」の感情を大切にする。
洗濯している時、歯を磨いている時、車を運転している時、
残業している時...etc

その時点の感情と商品をマッチングさせられるかどうかだ。





動線を考慮する            05月31日(月)

店舗設計において「お客さんの動線を考える」
って事をな〜〜んにも考えていない人が多い。

看板にも言えることだ。
お客さんが
1.どの時点で
2.どんな事を思い
3.どんな行動をしているのか

を考えると、見えてくる。





人は熱中すると自己中になる    05月30日(日)

今日は娘の運動会
お父さんお母さんも応援に楽しんでいる。
中には、熱くなる方も多い。
面白いね。人を観察しているのは。

運動会も終盤に差し掛かると、応援も熱を帯びてくる。
自然と声がでかくなっているのに皆さん気がついていない。

「あの人はどうの」「見えない」「何しに来たんだ」

普段だったら言わない事を平気で言っている方もチラホラ。
しかも大声で。

相手に丸聞こえだって...わかってないんだろうな。

応援以外で聞こえてくる声が自己中になっているのも気が
ついていないんだろうな。

人は熱中すると自己中になる。
仕事でも一緒だ。
熱中すると自己中になる人が多い。

面白い。





交流会&セミナー講師         05月29日(土)

今日は、ちくじん札幌支部の交流会。
セミナー講師もやるんで、気合が入る。

コンテンツの詰めがイマイチなので作り直している。
ん〜〜〜〜〜〜〜〜

楽しんでもらいたいとの一念でかなり削る。
少ないのか多いのか、時間配分は良いのか?
リハが出来ない。

オタオタしてらんない。

今日は楽しみ〜♪





具体的に形にする難しさ        05月28日(金)

明日のセミナー内容を形にする作業をしている。
いつもの仕事で話している内容を具体的に形にするのは
難しい。
あれも、コレも話そうか?いろんな事話しすぎて伝わるだろ
うか?楽しんでもらえるだろうか?

考えれば考えるほど、先に進まなくなる。

えいや!って出来たら良いのにな。
残りは後で





便利な言葉              05月27日(木)

ウケる日記の水野さんが「便利な言葉」とのタイトルで日記を
見た。相変わらず言葉が上手な人だ。

さて、わが看板屋の職人さんや、デザイナーなど、自分が
製作したものを「作品」と呼ぶ人が非常に多い。

おかしいとは思わないのだろうか?
だって、仕事でしょ?お金貰ってんでしょ?
厳密に言えば芸術家もお金を貰って作品を作って入るが、
あんた芸術家?って聞きたくなる。
中にはお客さんから言われた原稿をそのまま作っておいて、
作品と言う方もいる。

それを聞いたお客さんは、
「なぜ、あんたの作品を作るのに私がお金を払わなければ
ならないの?」って疑問に思わないんだろうか?


職人さんが言う作品って言葉は自己満足に聞こえる。





成功は疑問から           05月26日(水)

めんどくさいな...そう思った時点から思考は停止している。
どうしてなんだろう?なぜなんだろう?との疑問が、
面白くなってくると趣味に変わる。
突き詰めようとすると学術になる。
何かに応用できないか考えると商売ネタになる。
自分もやってみると成功のタネになる。





コミュニケーション力        05月25日(火)

楽天日記を書いている人は良くご存知ですが、
アクセス数を上げる為にはとにかく日記を書くことですよね。

内容が面白いよりも、タイトルが面白かったりテーマに乗せ
たり。
皆さん、アクセスアップをする為にいろんなことをしている人
がいます。

毎日、定時に日記を書く人を見ると固定的なアクセス数を稼
いでいる。

これは、広告にも同じことが言える。
キャンペーンなど、今すぐに対応したい場合はチラシや新聞
広告が有効で、
毎日、定時に同じ広告をしたい場合は
野立て看板が有効だ。

すり込み効果って恐ろしいんだぞ。

話しを戻して、毎日書く日記って、コミュニケーション力にも
なる。

コミュニケーション力は成功の条件なんじゃないかな。





そりゃムリよ            05月24日(月)

とかく、中小企業の社長は声がでかい。
話しが長いし、マイクを渡されると状況をかまわずに話しま
くる人が多い(^^;
良いか悪いかは別として、そんだけバイタリティーが無けれ
ばとも思う。

起業を目指している人と会ったが、バイタリティーがまったく
無い。やる気が無いのが見え見え。
なぜ起業したいのかもわからないし、人の意見を聞こうともし
ない。

話しを聞く態度は見せているのだが、自分に取り込もうとの
意思が無いのだ。

「私は、○○タイプですから...」

「...」は否定後なんだろうなっと思う。
そんな事を口にした時点で、成功しないなとわかる。

「業界としては...」
「我社では...」

何度聞いたかわかんない。
まず、聞く耳をもつの意味を取り違えている人が多いなと
感じる。

自分も気をつけないとな。





ダウン                05月23日(日)

今日は風邪でダウン。
子供達は相変わらず元気だ。

夕方から会社へ向かう。
ゆっくり休み休み仕事。





考えるスタンス            05月22日(土)

今日はいとこの結婚式でスパークリングを1本空けた。
完全に酔っ払い?
その足でいつもの会に参加する。
まず、会自体はいたって普通に執り行われた。
風邪が悪化してくる。のどが痛い。

体調が悪いが、この会は懇親会が本番みたいな物。
迷わず参加する。

Sさんの発言で、いつもの事務局長の締めの話しが出た。
相変わらず、面白い人だ。

私を含めて、皆さんプレゼンが下手だが、彼はうまい。
興味をそそる内容でもあるし、人をひきつける話し方も出来る。

今回は、ターゲットは誰か?の話し。
相変わらず、考えるスタンスが違うと思う。
おぉーそれわかるって思うこともあったが、彼はまったく違う
方法でやっているのだろう。
私もまったく違う方法を思いついた。試してみよう。


ひとつでもヒントが見つかってよかったねと、代表幹事が声を
かけてくれる。

代表幹事はこういうところが上手。
こういう一言が人を動かすんだなっと思った。





ちくじん本部例会に行く        05月21日(金)

久しぶりにちくじん本部例会に行く。

内容が良くわからず、的はずれを覚悟で発言。
間違ってはいないようだが、すこしずれてたみたい。すまん。

事業の方向性を探る様だったが、なかなか進展しないので、
すこしイライラする。
参加者で、事業をつかむのがうまい人がいた。
聞くと、商社マンor元商社マンらしい。
ソラ上手いがな。
私が商売柄発言しない事もズバズバ発言していた。
それって、「企画屋の営業ネタじゃん」って事も、いや、
それ以上だ。

今までのちくじんにはいないタイプだなと思った。
他の方々も結構個性派ぞろい。楽しい雰囲気がいい。

札幌もバッチリ進めないとな。





やっぱ接近戦は効果ある      05月20日(木)

今日は、異業種交流会&セミナーのコンテンツ作り。
このHPにもHTMLを入れようとしたがなかなか入んないので
文章だけ入れた。

合間合間にお誘いメールを入れたり、電話掛けをした。

やっぱ、接近戦の方が効果がある。すぐに返事をいただける。
中には「用事があるが、そちらを優先する!」との力強い
お言葉を頂いた方もいる。ありがとうございます。

続きは後で。





異業種交流会&セミナーを札幌で開催
                       05月19日(水)

さてさて、異業種交流会を開催する事にした。

ビジネスヒントは異業種にあると言われるが、実行する
人は少ないんですよね。

んで、自分では何の変哲も無い情報&技術は、
実は他業種ではとんでもない大発見!だったりする。

異業種交流会から学ぶ事は多い。
でも、それを実行する人は少ない。

んで、実行すれば成功する確率は格段に高い。
わかちゃいるけど...できない。

がんばれ社長で有名な武澤さんの非凡塾を北海道で立ち
上げたポジティブこっぱ塾長に喚起され異業種交流会を
自分で行う事にしました。
中村さんのHP
■“飛びたいサラリーマン”「こっそり日記」
  http://tb.plaza.rakuten.co.jp/tobitai/diary/200405200000/
■北海道非凡塾
  http://ezohibon.s41.xrea.com/index.htm
今月の28日北海道非凡塾で非凡会が開催されるそうです。
お申し込みはこのHPからです。

交流会は以前お世話になった「ちくじん」の札幌支部代表を
受け継ぐ形で行う。個性的で面白い人が集まれば楽しいなと
思う。

5月29日の第一回目は、集客ツールのセミナーを行う。
講師は俺。

たぶん、全国でも珍しいと思う。もしかして一般向けの看板セ
ミナーは初!

看板だけではなく、お店のファサード、POPや集客ツールに
ついてお話ししようと思う。
儲かっている社長は看板やファサードについてかなり気を使う
のだが、普通の人はあまり関心が無い。

そこにポイントがあるんだけどな〜。

コンテンツづくりをしなくっちゃ。





日本振興銀行 設立メンバーの講演を聞く
                        05月18日(火)

今年4月に50年ぶりにゼロから立ち上げた銀行である
日本振興銀行の創設メンバーの一人である○さんの講
演会に参加した。

日本の企業の99.7%が中小企業であるが、既存の銀行は
本来の業務をしていないのではないかとの疑問から立ち上
げたそうである。

彼は、今37歳。スッゲー大物になるんだろうなと感じさせる
人物であった。

話しの中で出てくる人脈がまた凄い人が並ぶ。こりゃ銀行が
出来るはな。

創設メンバーとの出会いや自分が持っている理念、様々なタ
イミング。これらが上手くマッチして出来上がったと語ってい
た。そのどれもが無ければ、銀行は出来なかったであろうと
彼は断言する。

それに、やろうと決めてから銀行業務を申請するまでが異常
に早い。しかも、現在業務を開始するまでが世界最速?って
ぐらい早い。

銀行を立ち上げるにあたって、様々な障害があった。
誹謗中傷、妨害、既得権者との軋轢、資本金集め。
しかしどれもを跳ね除ける力が創設メンバーにはあったんだ
と思う。

その源となるものは、我々は何をすべきかを常に考える事と
理念と行動だと言う。

考えるだけでは、何も生まれない。出来ない枠を自分自身に
被せてしまうのではなく、出来る方策を考え行動する。そのた
めに理念が必要だ。

業績を残す人や、成功した経営者に話しを聞くと、理念や想
いが事業を成功させるとカッコいいことを言うと思っていたが、
自分がこの事業を振り返って思うのは理念の大切さであると
語っていた。

これからの時代は、
「理念のあるプロダクトアウト型リーダー」
の存在が必要ではないかと話していた。

最後に、日本振興銀行の方向性を聞いたが、人の会社の
話しなのでココでは書かない。
ビジョンがしっかりしていると感じた。


最初、ネガティブな話しから始まったんで、つまらないのかな
と思ったが、それはあくまでも前振りで、大変面白く、タメに
なる話しであった。

理念と行動...。

よ〜し、自分もやるぞと勇気付けられた。





飲食店 夜の集客     05月17日(月)

儲かっている社長さんに会うとほとんどが広告の重要性を
意識している。
しかしながら、自分の店舗を見ている人はやはり少ない。

今日、夜食にチェーン店のラーメン屋さんに行った。
お客さんが少ない。
こんなんでペイするのだろうかと言うほど。

チェーン店なんで、味はまあまあ。雰囲気もまあまあ。
店舗の外観はチェーンなんでそこそこ。
可もなく不可もなくってとこ。
立地的には恵まれてはいない。

しかし、こんな店でもお客さんは呼べる。
もう少し外観を見て欲しい。

夜、自立のでかい看板には電気が明るく点いていて遠くからは
ハッキリと見える。しかしながら、店舗前に照明が無いのだ。

かろうじて窓から店舗内の光が覗いているだけであきらかに
暗いのだ。入り口の看板も見えないぐらいなので入ろうとした
人は中にお客さんがいないと営業中なのかどうかわかり難い。

人は明るいところに吸い寄せられる習性が有る。
あなたはパッと明るい店と薄暗い店ではどちらに入るだろう?

なぜ、店主は気がつかないのか?
チェーン店の場合はオーナーと店長の意識の差があったりする
が、オーナー兼店長の場合は夕方から閉店までは忙しい時間
帯なので自店の前に立つ事がほとんど無いのだ。

だから、看板の蛍光灯が切れている事に気が付かない
人が多い。
「お客さんに指摘されて...」
って電話で修理依頼される事もまま有る。

また、あきらかに暗くなっているのに、毎日の事で暗くなって
いるのに気がつかない。

蛍光灯を交換して、清掃すると...
「こんなに明るかったのか!」
って言う事もある。


あなたの店は大丈夫?






終わらない一日          05月16日(日)

久しぶりに日記を書いています。
あぁ、日記書くのしばらくサボったな。
今日は見積と事務仕事とメール書き。

で一日が過ぎた。

なんだろーなー、やらなくっちゃって事が
ありすぎて一つずつ片付けても終わんない。
先が見えないのはやる気が無くなりそう。
もういっちょがんばんべ。





儲かる会社の条件      04月13日(火)

ロス&ラスベガスに行ったときの話し。

同業者である看板屋に視察に行きました。
何の変哲も無い看板屋。そこは日本には無いFCの看板屋
だったがやっている事は日本の看板屋と大して違いが
なかった。

しいて言えば、ビジネスとして考えている事。決して職人的な
考えはなかったように思う。

2件目。ココは機械メーカーさん。
おぉーっと感動する事も多かった。
一番感動したのは、メールルーム?がある事。
ココから顧客にDMや各種案内。ニュースレターなどを
出している。さながら小さな郵便局である。
日本では、事務所の片隅で事務員さんがチマチマと宛名書きを
する姿を想像するが、ココでは専門の部屋を用意して自社内で
行っている。

素晴らしい。


で、3件目。
ココは世界でも有数の車のデカール屋さん。
車体のヨコにスプラッシュラインを入れるのが得意な看板屋さん
です。

http://www.stitchcraftinteriors.com

なんツーか、カッコのいい会社で、社内の雰囲気を一言で言うと
「所さんの会社みたい」
いやいや、所さんの会社を見た事は無いんですが、
そんな雰囲気。

デザインのデスクの脇にはラジコンの車があり、大型インク
ジェットプリンタにはスケボーが立てかけてあったりする。

!ふと気づいたんだが、書類が無い。
そう言えば、先ほど行った機械メーカーにも書類がなかった。

普通看板屋には、
製作伝票・打ち合わせ書・資料・材料表・各種メモ類・経理伝票
類・営業伝票類っと様々な書類が散乱している。
しかも棚には過去の資料がぎゅっと押し込められ、それでも入り
きらずに頭を悩ませるところである。

何かの本で、儲かる会社は書類が少ないと読んだ記憶がある。
雑誌だったかもしれない。

う〜ん、な〜るほど。どの様にしているかは聞きそびれたが、
書類がなくとも仕事が成り立つと証明された気分だ。

少し書類を整理しなければ。





お店で出来てる?おもてなしの心 04月12日(月)

お客さんがお店や会社にいらっしゃる時、ど〜しても待たせて
しまう事ってあるよね?

いくらアポイントを約束していても、電話中だったり、緊急な
要件で2・3分お待ちいただくことって、結構あると思います。

私の場合は...トイレに入っていたりする(笑

立場を変えて、自分が待つ側の場合、少しぐらい待ったって
良いとは思うが、手持ちぶたさだ。特に初めての訪問先となると
なおさらである。

先日お邪魔した会社は相手のことを想いつつも、ちゃっかりと
宣伝する事が上手であった。

来客を待たせるコーナーにそこの会社の商品や志などの
うんちくがパネルになっていた。

あまりおおっぴらに自分の手帳を広げて仕事をするわけにも
行かない営業マンは自然とそのパネルを眺めてしまう。
時には、呼んでいる自分に気づく。

「お待たせしました」って商談に入っても、ふと話しの合いの手で
先ほどのパネルの中身を話してしまう。
「あのパネルの...ってどうしてなんでしょうか?」

「それはだね、...なんだよ。興味あるなら見てみる?」
なんて具合に、商談と関係ない方向に流れてしまい。
結局、社長のうんちくを聞いてエバンジェリストになってしまうと
言う寸法。

そこまでは行かなくとも、待合室にパネルを掲示するのは
有効だ。
相手が待った気分にならないし、上手くいけば宣伝にもなる。

宣伝を聞く側が逃げないしね(笑





情報の洪水に溺れる      04月07日(水)

今日は、メルマガや頂いたメールから面白い情報が多かった。
つい、クリックして深追いするところだった。

しかし、こんだけ量があると、溺れそうになる。
後でゆっくり...って言っても、今日は栢野さんの講演会が
あった。

いそいそと出かけよう。





娘の新入学            04月06日(火)

今日は娘の新入学
ピッカピッカの一年生は何を思うのか?

振り返ると、娘には幼稚言葉を使わないようにしてきた。
人には「しっかりしているね」
と言われるが、親としてはまだまだ幼いと思ってしまう。
思いっきり親バカ。


残りは後で



トップ コラム 看板設置例 ギャラリー KAZの日記 メルマガ 会社概要 メール


このWEBサイトに掲載されている文書・画像・映像・写真等の著作権はochistudio,co,ltdに帰属し、
許諾なく複製・頒布を行うことは 固く禁じます。
Copyright (C) 1965-2002 ochistudio,co,ltdAll rights reserved.